「フィッシュストーリー」とセックス・ピストルズ

格安のイギリスツアー!

シド&ナンシー

映画にもなったシド・ヴィシャスとナンシー・スパンゲンです。ナンシーは20歳で殺害されているのでとってもシドと同じく短い人生でした。

ナンシー・スパンゲン

ナンシー・ローラ・スパンゲン(Nancy Laura Spungen)は1958年2月27日にフィラデルフィアで生まれました。父親はフランク、母親デボラの間に生まれました。ナンシー出産の時にはへその緒が首に絡まっていたため、危うく命を落とすところだったといいます。スパンゲンの家族はユダヤ系の中流家庭で父はセールスマン、母は後にオーガニック・ショップを経営するようになりまさに中流家庭そのものでした。

ナンシーは夜泣きと癇癪持ちの、とにかく厄介で手のかかる赤ちゃんでした。生後3か月の頃に、小児科医から精神安定剤を投与されるほどの夜泣きのひどさでしたが、彼女の乱暴な振る舞いは収まりませんでした。母のデボラは後のインタビューで「赤ん坊が金切り声を出すは当たり前だけど、ナンシーは金切り声を上げてばかりいた」と答えています。

手のかかる癇癪持ちのナンシーですが、5歳時の知能指数テストでは優秀な結果を出し(IQ150)、小学校の間は成績も優秀であしたが友人はほんの少ししかいませんでした。

ナンシーは、彼女の妹弟に対しても乱暴な振舞いをして怒りっぽい子供でした。ハサミでベビーシッターを殺すと脅したこともあり、精神科医の診断を受けたこともあります。そしてナンシーは素行の悪さで11歳で放校処分となりました。15歳の時に、彼女の主治医は彼女を統合失調症と診断しています。

彼女の一貫性のない行動に疲れ果てた両親は、彼女を特殊児童が集まる学校に入学させることにしました。1972年1月に、ナンシーは学校から逃げ出して、ハサミで手首を切って自殺を図りました。

1974年にハイスクールを卒業して、名門コロラド大学ボルダー校に願書を出して受理されています。(飛び級)16歳で大学に通い始めたのですが、入学してから5カ月後に、警察のおとり捜査でマリファナを購入して逮捕されて、コロラド州から永久追放されています。彼女は最初の仕事を初日にクビになって以降、ナンシーは両親からお金を盗んだり麻薬の密売で生活していました。

ネオパンク

シド・ヴィシャスとの出会い

17歳で家を出てニューヨークに移り住むようになりました。ナンシーはタイムズスクエアの近くでストリッパーをしたり、さらには売春宿で働くようになりました。そして彼女はその当時エアロスミス、ニューヨーク・ドールズ、ラモーンズなどのファンでした。

1977年にロンドンに移住して、セックス・ピストルズに出会います。ピストルズのリードシンガーのジョニー・ロットンはナンシーを嫌って、彼女をメンバーから遠ざけようとしましたが、彼女はシド・ヴィシャスについて回るようになり、やがてシドと一緒に生活するようになりました。

シドと関係があった約2年間の間にシド&ナンシーはヘロインをはじめとした、多くのドラッグを使用してすぐに依存症になりました。シド・ヴィシャスはナンシーと出会う前からドラッグを使用していました。ある情報筋によると、シドは幼少の時から彼の母親と一緒にスピードを使用していたといいます。

1978年にピストルズが解散してから、シド&ナンシーはニューヨークのチェルシーホテルに引っ越しをしました。2人は「ジョン・サイモン・リッチー(ヴィシャスの本名)夫妻」名義でチェルシーホテルの100号室に住み、シド・ヴィシャスは音楽を続けようとしていました。

死亡

ニューヨークに移り住んでから数ヶ月にわたって、シド&ナンシーの2人の薬物依存はまずます酷くなっていきました。そしてシド・ヴィシャスはナンシー・スパンゲンに壮絶な暴力を振るていきました。

1978年10月12日、ナンシー・スパンゲンはバスルームの床で遺体となって発見されました。ナイフで腹部をひと刺しされて、ナイフはヴィシャスが所有するものとわかりました。シド・ヴィシャスはまもなく逮捕されて第2級殺人で起訴されましたが、シド・ヴィシャスは無罪を主張して、保釈されました。ナンシーの死の4カ月後、ヴィシャスはヘロインのオーバードースで結審前に死亡しています。被疑者死亡によって捜査は終了、ナンシーは故郷フィラデルフィアに埋葬されました。

シド・ヴィシャスの死を受けて、ジョン・ライドンは「シドのことじゃ、苦しみと後悔と悲しさしか感じない。俺はダチを亡くした。俺が変えられるようなことじゃなかった。若かったから。畜生、俺がもっと利口だったら……あいつはクソみたいなもんのせいで死んだんだ。」とコメントしていて、さらに「死んだ奴を思えば悲しくなるよ。シドはいい奴だった。冗談が満載の奴だった。でもパンクという小賢しい産業が、あいつをユーモアの無い薬中の化け物に変えてしまった。」と述べています。

サイモンという背の高いオシャレな青年が、シド・ヴィシャスというパンクロッカーを演じていくうちにやがてサイモンではなくなり、ファンが求めるパンクロッカーそのものになってパンクそのものに飲み込まれてしまったといえます。シド・ヴィシャスは小さい頃からドラッグはしていましたが、ヘロインを教えたのはナンシーで、グルーピーとしてかなり遊んでいたナンシー・スパルゲンはシド・ヴィシャスが童貞だったのを男にしたとも言われています。ジョニー・ロットンに最初は迫っていましたが、嫌がったロットンだったので遊び人が狙いやすい童貞だったジドを狙い撃ちしたとも・・。

その時のシドはメンバーから孤立していて、仲間がいないという孤独感を紛らすためにカミソリで自分の身体を傷つけたりと、精神を病んでいた時でもあったのでそんな心の隙間にうまくナンシーが入っていったともいわれています。シドはどんどんメンバーから孤立していきながらも、ナンシーという存在もあって2人は転がり落ちるようにドラックに溺れていったのかもしれません。ナンシーがシドをヘロインと更なる暗闇へと導いて行ったのかもしれません。もしナンシーがいなかったら?!とも思えてきます。

音楽ジャーナリストのレスター・バングスは、ナンシーの死について次のように述べています。

「若い女性がひとり死んだ。私は気にしない。あなたもおそらく気にしない。警察も気にしない。新聞も関心を示すことはない。ほとんどのパンクスも気に留めない。悲しむとすれば(私が思うに)彼女の両親と、(ほとんど確信するが)彼女を殺して起訴された少年だけだ。・・・・・レスター・バングス」

シド・ヴィシャスの名言

「俺はたくさん年を取る前に死んじまうと思う。何故だかわからないけど、そんな気がするんだ。」

「ロットンは友達だった。とてもイイ奴だよ。俺は奴が好きだった、本当に。

奴はとてもラジカルだった。奴が俺のことをどう思ってたかは知らないが、俺は親友だと思ってたね。」

「俺はイギー・ポップのようになって30歳になる前に死にたいんだ」

「イギーはまだ生きてるぞ」

「…そんなことどうでもいいんだ」

「大人達には知性なんてものはまるで無い。子供であることをやめるってことは、物事に興味を失うということなんだ。

年齢なんて関係ないんだ。たとえ99歳でも子供でいることは出来る。」

「ただコード弾いてブーンって鳴って、そしたら音楽だ。」

「俺は自分のやりたいことをしたいんだ。世界中がそれを好きじゃなくても全然構わない。

もし一枚も売れなくったって、それが何だっていうんだ?

それが俺達のやりたいことなんだ。それをやっている時は楽しいし、後で聴いてみるのも楽しい。

自分達のレコードは好きだからよく聴くよ。実際いいレコードだと思う。

そうじゃなかったら参加してないと思う。ラモーンズを好きなのと同じくらい、自分たちのレコードが好きなんだ。」

「俺達はホントは優しくて親切なんだ。でも、誰にでも獣のような側面はあるだろ?」

「何かにイライラすると誰か敵が必要となるんだ。

でもいつもたくさんの友達に囲まれて座っていることが多くて、そんな場合友達には手が出せないから、俺は2階に上がってグラスを割ると、自分自身に切りつけるんだ。そうすると気分が良くなるんだ。」

「半分くらいは俺がグループの中で一番役立たずのオマンコ野郎だと思うことがあるよ。

俺は確かにバンドの中では最低のミュージシャンだ。

でもバンドが当初目指していたものを体現しているのは俺だけだと思う。」

「俺はマヌケなサウンドチェックなんかしない。俺にはそんなもの必要ない、俺はシド・ヴィシャスなんだ!」

「他の3人はあまりにマトモ過ぎるんだ。バーでたむろして酒を飲んで、デブのそこら辺にいる売女とヤったりして、とにかく気持ち悪いんだ。

そんなライフスタイルが俺には我慢できないんだよ。」

「彼もようやく俺のやっていることの正しさに気付いたんだ。

4人の気違いたちが遊びに出かけてやりたいことをやって楽しい時間を過ごすっていう、元々のバンドのアイデアを俺は実践したんだ。

俺はそれがピストルズをやる意味の全てだと最初から思ってた。」

「ステージ上ではパンクの格好をして、実際の自分とは違うパンクスのフリをしといて、家に帰れば襟のついたシャツとネクタイを締めるようなグループがいるけど、あんなのは信じられないな。」

「14か15歳の頃、女物の服を試してみた時期があった。

ほんの数カ月の間だけだけどね。

俺はストレートなセックスには興味ないんだ。変態行為が好きなんだ。」

「俺は映画なんて大っ嫌いだ。映画ではみんな決まった役をやらなければいけない。

自分自身とは違う人物の真似をして。俺の言っていることわかるだろう?

それは高慢で嘘でとにかく最低だ。物事を事実と違うようにでっち上げるんだからな。」

(客をベースで殴った言い訳)「ギターがすべったんだ!」

「俺は本当はヴィシャス(悪)じゃないよ。心根が優しくて、ママを愛してる。」

今年の冬はパンクスファッション!
時系列でのあらすじ 時系列でのあらすじ2 主題歌&制作スタッフ セックス・ピストルズ God Save the Queen
シド・ヴィシャス その1 シド・ヴィシャス その2 記録 勝手にしやがれ!! シド&ナンシー