「フィッシュストーリー」とセックス・ピストルズ

格安のイギリスツアー!
大腸内視鏡 埼玉県内で推薦したい病院といえば武蔵浦和メディカルセンターにありますただともひろ胃腸科肛門科! 当店の技術は日本トップクラス!

勝手にしやがれ!!

セックス・ピストルズとして唯一のスタジオ・オリジナルアルバムとなった『勝手にしやがれ!!』(原題:Never Mind the Bollocks, Here's the Sex Pistols)は、1977年10月28日にヴァージン・レコードよりリリースされて、全英アルバムチャート1位を記録しました。

『ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・ベスト・アルバム500」と「オールタイム・ベスト・デビュー・アルバム100」では、それぞれ41位と7位にランクインしています。

アルバム解説

プロデューサーのクリス・トーマスですが、ベテラン中のベテランでプロコル・ハルム、ロキシー・ミュージック、サディスティック・ミカ・バンド等などを担当してきました。彼は、スティーヴ・ジョーンズのギターを何重にもオーヴァー・ダビングすることで、その音に厚みを出しています。また、実際の演奏よりやや速目に再生されるように録音しました。

全英チャートで1位を獲得していますがアメリカではトップ100にも入りませんでした。発売から10年後の1987年にゴールド・ディスクに輝くロングセラーとなりました。

タイトルの中の「Bollock」(睾丸)という単語が猥褻だという理由で、警察は本作の販売店に圧力をかけていきましたが、裁判では猥褻に当たらないとされました。

「拝啓EMI殿」は、デビュー・シングル「アナーキー・イン・ザ・U.K.」だけで契約を破棄した『EMI』を揶揄した曲です。

このアルバム発表から3か月も経たないうちに、ジョニー・ロットンがバンドを脱退しました。

ベーシストのグレン・マトロックは、「アナーキー・イン・ザ・U.K.」「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」「プリティ・ヴェイカント」(2番の2行分をロットンが作詞した以外は作詞も担当)など、半数以上の曲を1人で作曲しましたが、「アナーキー・イン・ザ・U.K.」以外はレコーディングに参加していません。2000年に行われたインタビューでこの作品について「ラジオで1曲だけ聴くと凄くいいと思う。でもアルバムを通して聴くと、ちょっと平板というか。僕がいたら、もっとカラフルにできていたかも」と話しています。

ネオパンク

ゴールドなどの認定

  • 1977年/イギリス ゴールドディスク
  • 1988年/イギリス プラチナディスク
  • 1987年/アメリカ ゴールドディスク
  • 1990年/オランダ ゴールドディスク
  • 1992年/アメリカ プラチナディスク

UKオリジナル盤 勝手にしやがれ!! Never Mind the Bollocks 

Side A
  • 1.さらばベルリンの陽 ・・・ Holidays in the Sun
  • 2.ライアー ・・・ Liar
  • 3.分かってたまるか ・・・ No Feeling
  • 4.ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン ・・・ God Save the Queen
  • 5.怒りの日 ・・・ Problems
Side B
  • 1.セブンティーン ・・・ Seventeen
  • 2.アナーキー・イン・ザ・U.K. ・・・ Anarchy in the U.K.
  • 3.ボディーズ ・・・ Bodies
  • 4.プリティ・ヴェイカント ・・・ Pretty Vacant
  • 5.ニューヨーク ・・・ New York
  • 6.拝啓EMI殿 ・・・ E.M.I.

USオリジナル盤 勝手にしやがれ!! Never Mind the Bollocks 

Side A
  • 1.さらばベルリンの陽・・・ Holidays in the Sun
  • 2.ボディーズ・・・ Bodies
  • 3.分かってたまるか・・・ No Feeling
  • 4.ライアー ・・・ Liar
  • 5.怒りの日 ・・・ Problems
  • 6.ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン ・・・ God Save the Queen
Side B
  • 1.セブンティーン ・・・ Seventeen
  • 2.アナーキー・イン・ザ・U.K. ・・・ Anarchy in the U.K.
  • 3.サブミッション・・・ Submission  作曲:グレン・マトロック
  • 4.プリティ・ヴェイカント・・・ Pretty Vacant
  • 5.ニューヨーク ・・・ New York
  • 6.拝啓EMI殿 ・・・ E.M.I.

参加ミュージシャン

  • ジョニー・ロットン・・・ボーカル
  • スティーヴ・ジョーンズ ・・・ ギター、ベース、バッキング・ボーカル
  • グレン・マトロック ・・・ ベース("アナーキー・イン・ザ・U.K."のみ演奏)
  • ポール・クック ・・・ ドラムス、バッキング・ボーカル
  • シド・ヴィシャス ・・・ バッキング・ボーカル(ベーシストとしてクレジットはされていますが、実質的にはベースを演奏していません)
今年の冬はパンクスファッション!
時系列でのあらすじ 時系列でのあらすじ2 主題歌&制作スタッフ セックス・ピストルズ God Save the Queen
シド・ヴィシャス その1 シド・ヴィシャス その2 記録 勝手にしやがれ!! シド&ナンシー